【PS4】容量の選び方|オススメのタイプや容量を増やす方法を紹介

更新日:2019年08月01日

<% metaKeywords %>

 

PS4は容量が500GBと1TBの2種類が販売されており、どちらを選んだらいいのか悩む人が続出しています。

 

価格に違いがあるものの、あまりにも容量が大きすぎてピンと来ないというのが実際のところ。

 

そんなPS4ですが、どの容量を選ぶのがお得なのでしょうか?

 

ここでは、PS4の容量の選び方やオススメのタイプ、容量を増やす方法について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

容量が500GBのタイプを買ったほうがお得なケース

 

<% metaKeywords %>

 

PS4の容量が500GBのタイプを買ったほうが、お得というケースがあります。

 

それに自分が該当しているかを確かめ、購入を検討してみてください。

 

500GBのタイプを買ったほうがお得なケース
  1. PS4をできるだけ安く買おうとしている
  2. パッケージ版のゲームソフトの購入を検討している

 

まずは、何と言っても「PS4を出来るだけ安く買いたい」と思っている人です。

 

PS4の価格を見ると、1TBが34980円に対して、500GBは29980円です。

 

つまり、容量が少ないだけで、5000円も浮きます!

 

少しでも安く買いたいなら、500GBを買ったほうがお得です。

 

また、ゲームソフトをダウンロードではなく、パッケージ版の購入を検討しているならそこまで容量を必要としません。

 

ゲームソフトはパッケージ派という方も、500GBがオススメです。

 

スポンサーリンク

 

 

容量が1TBのタイプを買ったほうがお得なケース

 

<% metaKeywords %>

 

では逆に、容量が1TBのタイプを購入したほうがお得なケースを見ていきましょう。

 

1TBのタイプを買ったほうがお得なケース
  1. ダウンロード版のゲームソフトの購入を検討している
  2. 予算に余裕がある

 

ゲームをこよなく愛し、毎月のように新作をダウンロードするなら1TBを迷わず選択してください。

 

最近のゲームソフトは、1本で50GBを超えるものも少なくありません。

 

そのため500GBの容量では、すぐにいっぱいになってしまいます。

 

また、予算に余裕があり、ゲームにお金を惜しまない人も、今後を考えれば1TBの購入をオススメします。

 

スポンサーリンク

 

 

PS4の容量を増やすオススメの方法

 

<% metaKeywords %>

 

PS4本体の容量がいっぱいになり、ゲームを新しくインストールできない…。

 

こんな状況に陥っているなら、PS4の容量を増やしてみましょう。

 

PS4の容量を増やすと聞くと、何だか難しそうに感じるかもしれません。

 

しかし、実際のところ全く難しくはなく、誰でも簡単にできてしまいます!

 

以下から、PS4の容量を増やすオススメの方法について紹介していきますね。

 

 

@ PS4本体のHDDを大容量のものに交換する方法

 

<% metaKeywords %>

 

PS4本体に内蔵されているHDDは、専門知識が無くても簡単に取り外しできます。

 

PCショップなどで売られている、大容量のHDDやSSDを購入し交換すれば容量不足とはオサラバです!

 

購入したHDDやSSDに交換する方法については、以下で紹介するページにて詳しく説明しています。

 

読んでみると、意外と簡単に交換できるんだなと感じるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

A 外付けHDDをPS4本体に取り付ける方法

 

<% metaKeywords %>

 

PS4の容量がいっぱいになったときの対処法として、一般的なのが外付けHDDを取り付けるというものです。

 

ゲームの読み込み速度が速くなったり、取りつけがとても簡単という点が支持されています。

 

まずはPS4動作確認済と提示されている、外付けHDDを購入してください。

 

そして、USBでPS4本体と接続し、コンセントから電源供給します。

 

接続が完了したら、PS4の電源を付けて「設定」から「周辺機器」と進みます。

 

<% metaKeywords %>

 

様々な項目が並んでいるので、ここから「USBストレージ機器」を選択。

 

<% metaKeywords %>

 

外付けHDDの詳細情報が表示されるので、「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選びましょう。

 

<% metaKeywords %>

 

たったこれだけで、PS4の容量を増やすことができます。

 

専門知識は一切不要で取り付けができるので、ぜひ試してみてください。

 

もしPS4で使わないと思ったら、PCやテレビの録画用にも使えます。

 

 

まとめ

 

<% metaKeywords %>

 

PS4には、500GBと1TBの容量の2種類が販売されていると分かりました。

 

どちらを買うのがオススメなのかは、どこを重点に考えているかによって変わっていきます。

 

もし容量が足りなくなったら、内臓HDDを交換するか、外付けHDDを取り付けすればOKです!

関連記事

スポンサーリンク



「PS4速報ニュース」人気記事ランキング↓

ps4神ゲー・オススメソフト

ps4 容量 人気ソフトランキングベスト21!最新ソフトを種類別に厳選
ps4 容量 VR対応のPS4おすすめゲームソフトランキング10選
ps4 容量 高評価RPGゲームランキング10!夢中になる神ゲー特集
ps4 容量 ギャルゲーランキング10!臨場感抜群の神ゲーを徹底厳選
ps4 容量 面白い名作ソフト20選!没入感抜群の傑作ゲーム特集
ps4 容量 高評価ゾンビ・ホラーゲーム!没入感満点の神ゲー11選
ps4 容量 売れ筋アドベンチャーゲーム20選!魅力溢れる名作特集
ps4 容量 【PS4】オフライン対応してる人気ゲームランキング10選

速報!最新情報まとめ

ps4 容量 PS5の発売日がついに判明!最新のスペック情報や販売価格
ps4 容量 GTA6の発売日がついに決定!舞台となる国や新要素を紹介
ps4 容量 FF7Rの発売日が決定|ストーリーやバトルシステムを含む最新情報まとめ
ps4 容量 モンハンシリーズ最新作|アイスボーン!初めての方や復帰勢向け情報まとめ

PSVRを楽しむための方法

ps4 容量 PSVRをもっと楽しくする〜最適な眼鏡の選び方とは?
ps4 容量 PSVRの臨場感が劇的に変化する最適なヘッドホンの選び方
ps4 容量 PSVRをPCに接続して映画やゲームを楽しむ方法まとめ
ps4 容量 PSVRで頭痛や吐き気がヒドい…VR酔いの原因や予防対策まとめ

PS4をもっと楽しむための環境設定

ps4 容量 オンラインプレイを最上級に楽しむ為の5つのポイント
ps4 容量 最強の冷却ファン7選!熱暴走対策で快適なプレイ環境に
ps4 容量 初心者でも簡単!PS4を有線LANで接続する方法とメリット
ps4 容量 PS4が1台あれば何でも出来る?PS4の魅力できること7選
ps4 容量 コントローラーにイヤホンを挿して音響環境を整える方法
ps4 容量 ps4のコントローラーをPCに接続して使う方法まとめ
ps4 容量 PS4のコントローラーが動かない…修理に出す方法と注意点
ps4 容量 PS4のコントローラーにイヤホン挿しても音が出ない場合の対処法
ps4 容量 PS4でスクリーンショットを閲覧したりSNSへ投稿する方法
ps4 容量 PS4で撮影した動画を保存したりyoutubeへ投稿する方法
ps4 容量 【最新】PS4におすすめな液晶モニターを選ぶポイントとは?
ps4 容量 PC画面でPS4のリモートプレイをする方法と手順
ps4 容量 ps4の電源が付かない故障が起こる原因と対処法まとめ
ps4 容量 PS4を使ってDVDやブルーレイを再生する方法とは?
ps4 容量 PS4の通信速度で悩んでいる人必見!通信速度を上げる方法
ps4 容量 ps4が固まって動かない…ps4がフリーズする原因と対処法
ps4 容量 ps4でスタンバイモードの設定方法やメリット・デメリットまとめ
ps4 容量 【初心者必見】ps4を購入したら最初にやっておきたい設定まとめ
ps4 容量 PS4のセーフモードの起動方法や使い方まとめ
ps4 容量 ps4のゲーム実況をyoutubeにブロードキャストする方法
ps4 容量 ps4で表示されるトロフィーの公開範囲を変更する方法や削除方法
ps4 容量 ps4でアカウントを新規に作成する方法と注意点
ps4 容量 ps4でアバターの画像を変更する方法と手順まとめ
ps4 容量 ps4でボイスチャットを始める準備と設定方法まとめ
ps4 容量 PS4とブルートゥース機器を接続する方法と注意点まとめ
ps4 容量 ps4のセーブデータをバックアップする方法と注意点
ps4 容量 ps4の縦置きは危険!?縦置きにすると寿命が縮むってホント?
ps4 容量 PS4が外付けHDDにアップデート対応!外付けHDDの取り付け方

カテゴリページ

  1. 最新情報まとめ (3)
  2. PSVR (6)
  3. 人気ゲームランキング (9)
  4. PS4のおすすめ設定方法 (22)
  5. ゲーム環境作り (9)
  6. エラー・不具合 (3)